焼肉修行を【焼肉麒麟屋で!!】(≧▽≦)

修業時代を思い出すような日々って

いいもんですね~

私の年代の人は誰でも。。

 

私は現在

(45才!絶賛!伸び盛り真っ最中ですが(≧▽≦)!)

誰でも

修業時代ってありますよね?

 

職人の世界に限らず

サラリーマンでも

公務員でも

 

伸び悩んだ時期とか

壁にぶち当たった時とか

みんなそれぞれに

頑張った時期って

だれでもありますよね

 

 

 

昨日からウチの厨房に、

一人の男性が入ってきました。。

 

彼は期間限定の

【研修生】

 

日頃からお世話になっている人からの依頼を受けて

受け入れる事になりました

 

 

この男性は

鹿児島県の徳之島町からやってきました

徳之島で

【焼肉 燦々(さんさん)】

という有名店のお店のお婿さん!!

最近、脱サラして

家業を継いで焼肉を生業にされるとのことで

焼肉に関しては、まっさらな状態という事で

ウチで修行することになりました。

 

 

私のお店には

正社員というのがまだいなくて

お肉をガッツリ学びたいという人と

働くのは初めての経験です

(≧▽≦)

 

責任重大だな・・

 

とも感じましたが、

お世話になっている人からのお願いという事もあり

受ける事になりました

 

思い起こせば私も20代の時は板前の修業をしていたので

(その当時とは時代も変わりましたが)

その当時の事を思い出しました

===================================

 

高校を卒業した次の日から

ホテルの厨房に送り込まれた僕は

右も左も分からぬまま

その当時和食の世界では

【福岡で一番忙しいホテル】

そして

【福岡で一番厳しい親方】

と言われている人の下で

修行していました

 

職人の世界なので当然ですが

相当に

ハードでデンジャラスな日々でした

 

毎日早朝から夜遅くまで

愛の鉄拳をしょっちゅういただきながら

怒鳴られまくりの日々です

 

何度かくじけそうになりましたが

 

どうにか

やり抜くことができました

 

それは

親方や先輩が格好良くて

【俺もいつかあんな風にバリバリ働けるようになりたい!!】

という思いがあって

なんとかやりきることができました

 

同期の人が失踪したり

後輩が入ってきても

失踪したり

 

辛い時もありましたが、

先輩と朝まで飲み明かしたりさせてもらいながら

いろんな事を学ばせてもらいました

 

約束の三年間を何とか過ごさせてもらって

 

 

二軒目の修業先に出向いたら

 

なんとも楽に体が動くのです(≧▽≦)

 

一軒目のホテルがあまりにもハードだったので

それから先の仕事が楽に感じていたのですね~

 

そのお店はほどなく卒業して

実家の焼肉屋に帰って行くのですが

 

やっぱり最初に入ったホテルでしっかり鍛えてもらったのが

今でも僕の財産になっています。

 

===========================================

徳之島の彼に

たった一ヶ月で何が伝えられるのか

分かりませんが。。

 

===========================================-

あの堀江貴文さんも

『今どき寿司の修業なんて意味がない、

何故なら寿司の握り方なんて調べればすぐに出てくるし

やるかやらないかだけだよね』

とおっしゃっています

 

 

余談ですが

大阪に

『寿司 千陽(ちはる)』

というお店があります

このお店は

【飲食人大学】

という学校

が経営されていて

 

 

全くの

素人さんがたった三ヶ月

この学校に通うだけで

一人前の寿司職人になれるという

凄い学校です

その卒業生は三か月後に

【寿司千陽】 

に入ってお客さんの目の前で寿司を握るのです

 

しかも

そのお店は開店してからたった半年で

ミシュランガイドに掲載されるという

偉業を成し遂げているのです

その時の寿司職人は

飲食人大学を卒業した若者で

半年前は全く別の仕事をしていたというので驚きです

 

 

 

興味があって

2年前にその学校の

【一日体験入学】

というものを受けてきたのですが

 

 

本当に凄い学校で

【本気で寿司職人になりたい】

という老若男女と

【本気で寿司職人を育てる】

という講師陣が

本気の空間があって

 

 

 

まるで修業時代のホテルの厨房の空気がそこにあって

大変

感動しました

 

 

今の時代は時間が過ぎるのが早いし

情報社会じゃないですか

 

 

僕は

昔みたいに

仕事の

『出し惜しみ/教えるのをためらう』

ような時代ではないと思っていて

なるべく色んな事を教えてあげれたらいいな

と思っています

 

修業時代に無償で

向き合ってくれて

色んな事を教えてくれた

ありがたい

先輩がいるので

 

今回は

そのご恩返しを精一杯してみようかと思っています

 

もし

これから

焼肉で身を立てたい

という若者がいたら

【麒麟屋で修行してみませんか?】

本気で向き合わさせてもらいたいな

と思います

(≧▽≦)

 

【修行中の人】