焼肉食べてストレス発散(≧▽≦)!!

怒りのコントロールって

みなさんどうされてますか??

 

いう事を聞いてくれない部下

 

頭ごなしに否定してくる上司

 

靴下を洗濯機に入れてくれない旦那

 

イラつきませんか??

 

 

人間だもの

イラつきますよね?

【怒り】の感情が無い人って

相当レベルが高い人ですよね

 

私もなるべく怒りの気持ちを持たないように

生活してるつもりなのですが

どうにもできない時ってありますよね

 

どうにもできない時ってどんなときですか?

 

 

体が疲れてるときじゃないですか?

疲れてると心が狭くなる

怒りっぽくなる

 

 

 

それを回避する必殺技があるんです

 

 

 

それを今回は皆さんにお伝えします

 

 

 

それは

焼肉を食べる!!!!

 

 

ストレスを感じると

人間は、体内のたんぱく質が大幅に消耗されます。

ストレスによって消耗されたたんぱく質を素早く補い

免疫を強化するためには

質の良い動物性たんぱく質を

意識して取ることが

重要なんです

 

つまり

肉を食べるとストレス発散効果がある!!

 

 

 

しかも

お肉を食べると分泌される

【幸せホルモン】があります

 

 

その名も

 

 

セロトニン

 

この物質は

気分や感情をコントロールするのに

欠かせない神経伝達物質で

ネガティブな思考を解消したり

リラックスした平常な状態を保つのに

役立っています。

 

セロトニンはこのような効果から

『幸せホルモン』

と呼ばれています。

 

セロトニンは

トリプトファンと呼ばれる

必須アミノ酸の一種

から作られます

体内では生成されない

物質なので

 

食べ物から取るしかありません

牛肉はこのトリプトファンが

多く含まれているという事が

分かっています。

 

 

 

しかも!!

お肉のハッピー効果は

セロトニンだけではありません

もう一つ有力なハッピー物質に

 

アナンダマイド

これも体内では生成できない

必須脂肪酸で

語源が古代インドの言葉である

『アーナンダ(法悦、歓喜』

アミド(有機化合物の一種)

 

であることから想像できる通り

セロトニンと同様に

幸福感や高揚感をもたらしたり、

不安や怖れ、

痛みを

和らげる効果もあります

 

 

 

そのため

【至福物質】

と呼んだりします。

 

 

さらには

リラックス効果や

記憶力増進などの

可能性を示唆する研究もあるんです。

 

 

お肉を食べると分泌される

セロトニンとアナンダマイドには

脳内の快感中枢を刺激し

幸福感やリラックス効果をもたらす作用があります

 

 

また脳内のセロトニン不足が

【うつ病の一因】とも言われています

 

 

精神的にも焼肉食べなくては

ですね

(≧▽≦)

 

 

そして

皆で食べる!!

焼肉!!って大勢で食べる事が多いですよね?

鍋物と同じで

『みんなで食べると美味しいね!!』

って事で(≧▽≦)!!

 

 

そこで

おしゃべりをしながら

ストレスを発散させちゃいましょう!!

 

 

もちろん今の時代

『一人焼肉も全然OK!OK!』

 

もしも寂しかったら

『このお肉ってなんですか?』

とか

『どれくらいで食べ頃ですか?』

って

私に聞いてくれれば

お話しさせてもらいますよ

(≧▽≦)

(店が落ち着いているとき限定ですが。。)

 

 

ウチのお店では

メチャクチャ忙しかったり

人手が足りなくて

ハードワークだった時など

 

『焼肉食べよう!!』

 

ってなります

(僕の気分次第ですが・・(笑))

 

そして

疲れた体を

お肉で復活させます!!

 

皆さんも

疲れた時

ストレスが溜まったとき

 

焼肉 麒麟屋で

焼肉食べてみませんか??

 

以上です( ^^) _旦~~