【メニュー表を見やすくするには その2】【佐賀 焼肉麒麟屋の メニューの裏側 見せちゃいます】

 

 

メニュー表作りの最終段階!

差し込み作業が終わりました。

 

 

 

 

 

 

日本一ページ数が多い焼肉屋じゃないかな?(笑)

 

 

 

 

28ページ

(–;)

 

 

 

 

 

13冊の入れ替え作業です

この作業が凄く地味で大変な作業です

 

 

 

メニュー構成の話し合いを

しながらベテランスタッフ

通称【ミサママ】と進めます。

 

 

このミサママ

10年以上働いてくれてます。

麒麟屋にはなくてはならない存在です。

ウチの娘ちゃんも大好きなミサママ

とにかく頼りにしてます。

 

 

 

 

 

 

私の足らない部分だらけを

しっかりと埋めてくれます。

 

 

 

今回も私の急なやる気に

付き合ってくれて

(いきなりスイッチが入って迷惑かけてます(汗))

 

 

 

『お客様からこういう質問/疑問が聞かれるので、

この説明を入れたほうがスタッフの対応が減ると思う』

 

 

 

 

とか

 

 

 

 

 

 

『この商品はこういうお客様が多く頼まれてますよ~』

等々

 

 

 

 

今回も私だけでは気づかない事を

いっぱい教えてくれました

いつもありがとうございます!

感謝してます!

(≧▽≦)

 

 

 

 

 

 

『あーでもない、こーでもない』

を繰り返し…

 

 

 

 

 

で。。

 

 

 

 

 

 

出来上がったのがこれです。

 

 

一部初公開!

【見開きページ】

【見開きページ】

 

 

この見開きの写真

もう10年以上前に撮ってもらった写真で

綺麗に撮れてるので凄くお気に入りの写真です。

 

 

 

『本日はご来店ありがとうございます』

の文字と右下のロゴは

日田の有名な絵描きさんに書いてもらいました。

麒麟屋の肉の良さと相まって

中々良い見開きになったなぁ

と思います。

 

【熟成厚切りタン】&【熟成厚切りハラミ】

【熟成厚切りタン】&【熟成厚切りハラミ】

 

見開きの次は

 

一番食べてもらいたいメニューを持ってきます。

【熟成厚切りタン&

熟成厚切りハラミ】

 

 

 

 

 

ここで大きな場所を

使ってでも

魅力をしっかり

伝えてみよう!

です。

 

 

 

 

 

今や超希少部位の

和牛のタンとハラミを

贅沢にも熟成期間を

しっかりと

置いて提供します。

 

 

 

 

 

 

 

ひと月以上寝かせた後に

秘密の行程をいれて

お出しします。

 

 

この商品は本当のオリジナルで

当店以外では

この手法は無いと思います。

 

 

 

 

 

というか。。

 

 

 

 

 

 

こんな高級食材をここまで

イジリ倒すのは

本当に勇気がいりました。

 

 

 

 

開発当初は

寝かせる期間が微妙に長すぎたり

 

 

 

 

 

 

 

真空包装が上手くいってなかったりで

本当にロスばかり出してました

 

 

 

しかし

 

 

 

 

 

何回も失敗しながらも

やり続けていくと

頃合いや注意点が分かってきて

 

 

 

 

 

 

今では

全く問題なく

お出しすることができるようになりました。

 

 

材料の品薄状態で数に限りがあるのですが

是非とも試してもらいたい商品です。

 

 

 

 

右側はサーロインの量り売りです。

あの有名な

【いきなり。。。】さんの和牛バージョンですかね

(;’∀’)

 

 

 

 

 

サーロインって

脂がキツイイメージがあると思いますが

 

 

 

 

胃もたれしにくい!

これは雌肉の魅力の一つですね。

 

 

 

 

 

そして

【盛り合わせメニュー】

【盛り合わせメニュー】

 

焼肉麒麟屋の本気が映し出される

盛合わせです!

 

 

 

 

 

お客様の事を思い描いて

 

 

 

『この価格帯で抑えて・・』

 

 

 

 

『カップルさんやったら・・』

 

 

 

『大家族さんやったら・・』

を徹底的に考えて作りました。

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

 

実は

 

 

 

 

 

働くスタッフの仕事の軽減にも役立ってます

 

 

 

 

 

 

余りものを盛り合わせるんじゃなくて

自分だったら

こういう盛合わせ

食べたいよね?

ていうものを入れてます。

 

 

 

 

 

 

ここだけの内緒の話しですが

 

 

 

 

 

 

 

結構な数の注文を頂けますので、

見込みで準備が出来ます。

 

 

 

 

 

すると

忙しい週末の時間帯にはすでに盛り付けが終わって

準備万端な状態が出来てますので

後はタレを絡めるだけ

 

 

 

提供が非常に速いのです。

すると

他のオーダーに取り掛かれますので

一石二鳥です。

 

 

 

 

 

魅力的な

盛合わせは

仕事の効率化に役立ちます。

 

 

 

 

 

 

次は

【スタンダードメニュー】

【スタンダードメニュー】

【THE・焼肉屋さん】的なメニューがきます。

スタンダードで安心感のある内容じゃないかな?と思います。

 

 

 

 

ここからまたディープな世界が始まります。

【希少部位】

【希少部位】

 

 

【こだわり文書】も贅沢に入れさせてもらい。。

 

 

 

 

こういうウンチクって女性は読まないかもしれませんが、

40代くらいの男性の方が読み込まれているのをよく見かけます。

商品ではないですが

【お肉に対する心意気】

みたいなのを感じていただければ・・

 

 

 

 

 

ここから【希少部位】が数ページにわたります(汗)

【色んなお肉と変わり種】

【色んなお肉と変わり種】

見慣れない【希少部位】に交じって

変わった食べ方の提案も入れてます。

 

 

 

 

試しては止めて。。

試しては採用して。。

を繰り返して。

 

 

 

 

 

 

なんとか認知してもらえるものだけを残して

今回のグランドメニューに投入!

となりました。

 

 

 

 

 

 

写真の右側が

【さざなみ鶏とお月見】

よく焼き鳥屋さんで

『つくねに月見タレ』を絡めて食べる事と、

 

 

 

行きつけの焼き鳥店で

『ササミにワサビをたっぷり塗って海苔に巻いて出してあったのを』

 

足してアレンジしてみました。

 

 

 

海苔もこだわりの海苔屋さんから

仕入れてますので

抜かりなくお出ししております。

是非!佐賀の名産の有明海苔を楽しんでください!

 

 

 

 

そして

 

 

 

せっかくなので

今回

初の試みも入れてみました。

【レバトロ】

【レバトロ】

例えば

最近流行の

【低温調理】で作った【レバトロ】

しっかり火入れはできているので

安心してお召し上がりいただけます。

 

 

 

 

 

【お土産カレー】

【お土産カレー】

 

ずーっとスタンドメニューで案内していた

【焼肉屋の贅沢な加里】

を入れてみて

 

 

 

 

【お土産用のカレー】

【お土産用の肉】

まで入れてみました。

 

この狙いは。。。

 

 

難しい作り方はあえてせずに

普通のご家庭で作れるようなカレーライスを研究して

『肉の味一つでこんなにも美味しくなるんだ!』

ていう発見にならないかなぁ?

という肉屋の挑戦です。

 

 

 

 

 

どのような反応が出てくるのか。。

 

 

 

受け入れられるのか?

ドキドキですが

持ち帰り用と合わせてお待ちしております!

 

 

 

 

 

 

【永尾さんのドトマトで作ったキムチ】

【永尾さんのドトマトで作ったキムチ】

 

そして最後の挑戦メニューが

【ドトマトを使って作ったトマトキムチです】

 

 

 

 

 

【ドトマト】って何かは。。

次回のブログでお書きます。

 

 

今回は

色々挑戦して

見やすくしたつもりではありますが

 

 

 

 

結局

 

 

 

自分では何回も何回も

見てしまって見慣れているので

見やすい

と思っているだけ

ということがあります。

 

 

これがいざ本番で

【初見のお客様が見たらどう感じるのか?】

これを見極めないといけません!

 

 

 

 

 

まだまだこれからです!

宜しくおねがいします!

 

 

 

 

現場からは以上です

( ^^) _旦~~