コロナ対策について

麒麟屋として出来るコロナ対策についてお伝え致します。

詳しくはこちら

今日は肉業者さんの展示会へ!子連れで参加してきました。

佐賀牛専門では

無いけど

佐賀の

焼肉 麒麟屋
中原です。

 

今日は日曜日

愛娘を連れて

某食肉業者さんの

展示会へ出かけてきました。

 

年末のこの時期は、

展示会や共進会

が目白押しなのですね。

 

上等なお肉が出てくる

時期でもあります。

 

 

 

そして段々寒くなると。。。

 

 

あまり知られてませんんが

意外と牛肉にも

季節があるんです。

 

 

暑い夏の季節は人間と同じで

牛もダラァ~っとなります。

”締まりのない肉質”

 

 

逆に寒い時期になると

”締まりのある肉質”

になるといわれています。

 

 

寒くなってきたら

牛肉も美味しくなってきたな。。

と思えるかもしれません。。

 

いやいやいやいや。

なかなか分かりずらい部分ですがww

本当のお話しです。

 

 

さてさて、朝から鳥栖に向かいます。

 

4歳の娘と二人っきりのデートです

( *´艸`)

 

初めてお肉が並ぶ

冷蔵庫に

連れていくわけですが

 

どうなることやら。。

と思いましたが、

楽しい旅になりました。

 

 

まずは仕事です!

相当な頭数が並びます。

相当な頭数が並びます。

 

所狭しと、

牛肉が並びます。

 

 

 

100以上は

並んでいたのでは

無いでしょうか。

 

 

担当の営業マンに前もって

 

『雌牛しか使わないからね』

 

と言い続けていますから、

 

 

少しは期待して行きましたが。。

 

 

『2頭しかいませんでした( ;∀;)」』

 

やっぱりね( `ー´)ノ

 

やっぱり

”雌牛のみ”

しか使わないのは

難しいことなのです。

 

 

こんだけ頭数並べても

去勢牛しかいないのが

現実なんだなぁぁ

と実感しました。

 

 

展示会優秀牛

展示会優秀牛

 

優秀牛。。

すっごい美しい

霜降りを

持った素晴らしい

芸術作品!!

 

THE佐賀牛!!

THE佐賀牛!!

 

本当に

生産者様には

頭が下がります。

 

ここまでの

霜降り肉を作るのは

経験値と技術も必要と

聞きます。

 

 

霜降り牛とは

人間で言ったら

超メタボww体質

『ビタミンA 欠乏症』といって

自分で立つことも

ままならない状態の

ギリギリのところを

牛さんと向き合って

毎日愛情込めて

お世話されているとのこと。。

 

食材は

大事に大事に

扱わないといけませんね。

 

 

ウチの娘ちゃん、

暇そうなのでwww

 

試食コーナーへ

 

この展示会は

食材の味見ブースまで

設けてあるので

味見し放題です。

 

試食ブース

試食ブース

 

なーにを

食べても美味しい

と言ってる娘。。

 

 

娘よ。。

それは

思いっきり輸入物だぞ。。。

 

 

少し複雑な

気持ちを抑えつつ

そのお肉を見てみると。。

 

『アンガスクロス牛』

初めて聞いた名前です。。

 

 

詳しく聞いてみると

【肉専用種】

 

なるほど

 

少し説明します

(*’ω’*)

 

まず

 

オーストラリア産の

黒毛和牛

日本から持って行った

種を繁殖させた牛

 

 

 

アメリカの

アンガス種と掛け合わせる。

 

その子牛を

福岡の牧場に持ってきて

 

肥育させる

 

これがよく言う

【肉専用種】

という部類のカテゴリーですね。

 

これは

スーパーなどで売るときには

【国産牛】

として売られ

食卓に上る

 

という流れですね。。

 

輸入物ではないの????

 

と言われそうですが、

牛さんの一生で

一番

長く過ごした場所が

 

【産地】

 

となりますので、

問題は無いのですね。

 

例えば

 

生後8ヶ月の

宮崎の良い子牛を

買い付けて

 

残りの20ヶ月を

佐賀で肥育したら

佐賀牛です。

 

それと同じですかね。

 

まぁ、理屈は勉強してるので

(お肉博士1級(‘ω’)ノ(笑))

 

 

分かっていたつもりでしたが

 

 

実際に目の当たりに説明されると

おぉぉ!

ってなりました( ;∀;)

【肉専用種】

【肉専用種】

 

今回の一番の収穫でした。

 

もちろん

当店では

縁のない

食材ですので

 

 

あしからず(;’∀’)

 

ちなみに

こんな感じの見た目です

見た目

見た目

 

一応福岡産ですね

一応福岡産ですね

 

営業の人に聞くと

最近の赤身志向の後押しで

結構需要があるそうで。。

 

和牛は高いですからね、

いたしかたないとも思います。

 

もう一つ

安く流通しているのが

【交雑種/F1】

と言われる牛さんですね。

 

この牛さんも

スーパーでは

【国産牛】

ですね。。

 

一般的には

お父さん⇒黒毛和牛

お母さん⇒乳牛

 

最近では人口受精技術の進歩で

負担少なく確実に

宿らせることができるので

効率的ですね。

 

黒毛和牛の肉質の良さ

ホルスタインの成長の早さ

が利点としてあげられます。

 

 

 

【佐賀産交雑牛】

【長崎ほまれ牛】

【豊後交雑牛】

などブランド化

されたりもしています。

 

 

 

まぁここまでは

よく聞く

お話しで

ちゃんとした

区分も

ハッキリしていて

分かりやすくて

問題ないのですが

 

実は

あまり知られてないですが

 

 

気を付けなくては

ならないのが

あります。

 

 

黒毛和牛同士を掛け合わせて

対外受精させた

卵を

ホルスタインのお腹の中で

成長させて

産ませる

 

 

この牛、

黒毛和牛なのです。。

((+_+))

 

 

これは厄介かもしれません。

 

生産者さんの

効率化は分かるのですが。。

 

この牛は見極めなくては

なりません。。

 

食べたことはまだ無いのですが

少々、乳の香りが付くそうで。。。

 

そうは言っても

 

 

枝肉で見れば

一目瞭然ですし

 

 

パーツで

見ても

 

知ってれば

すぐ見分けられます。

(; ・`д・´)

 

しかし

 

一般の方は

まず分からない

 

で。。

私が思うのは、

 

たまに奮発して

美味しいお肉を

家で楽しむには、

 

信頼できる

精肉店を

見つけておくべき

ということです。

 

やっぱり

餅は餅屋で買ったほうが

良いんじゃないのかなぁ

と思います。

 

ちゃんとしたお肉を

買って食べないと

??

 

『黒毛和牛で買ったけど、、

高いわりに美味しくないね。。』

 

これが一番悲しいことです。

(>_<)

 

 

本物の黒毛和牛って美味しいんだよ!

 

と声を

大にして

言いたくなってきたwww

 

赤身志向と

言われて久しいですが

 

本物の

黒毛和牛の雌牛で

食べてみたら

美味しいですよ。

 

 

赤身も味があるのが

分かると思います!

 

是非多くの人に

本物の

肉の味を

知っていてほしいです

 

という風な

事を思った

展示会でした。

 

帰りに

鳥栖の有名な

『アンジェ・ココ』さんを初体験して

感動した娘と

久しぶりに娘と

二人で公園に行ってみたら

いつの間にか成長してた

娘にビックリさせられました。

 

仕事ばかりでなくて

娘との時間も

ちゃんと

作らなくちゃですね!

 

今日はとっても

勉強になりました

( ..)φメモメモ