最近のマイブーム!裏メニューのご紹介と創作焼肉の秘密。。

佐賀市 若宮 焼肉麒麟屋
店長中原です。

 

創業昭和50年
今年で45年目に入ると
いわれてます。

いわれてます

とは

 

正確には

何年営業しているのか
分からないという
( ;∀;)

 

本当は
ウチの両親が
麒麟屋をする前に
麒麟屋を
始めていた人がいます。

 

このことを
知っている人は、

少ないですね

 

 

相当昔から
この界隈の

情報ツウの人
しか知らないでしょうね

 

そのかたは
私の祖母の
知り合いの方で

 

お店を
誰かに譲りたい
という
お話しを
持ってきてくれた
そうです。

そこで
両親が
させてもらえるように
なったそうで。。

その前身の
【麒麟屋】
がどれくらい
されていたのかは
分かりませんが

 

10年以上は
されていたとの
お話しなので
創業60年は
超えてるの

かもしれません。

 

ですのでもしかしたら

 

わたしで3代目?

 

私はお会いしたことが
ないのですが、
(娘さんが先日食べに来てくれました。)

本当に
人のご縁で
今がある
ということとですね。
ありがたい限りです。

 

 

今日は、
あと少しで
新商品に加わる
一品の紹介をしたのですが。。

 

 

その名も

 

 

サーロインを炙って
月見タレに絡めて
ご飯を巻いて飯
(仮)
を作りました。

サーロインを炙って月見タレに絡めてご飯

サーロインを炙って月見タレに絡めてご飯

 

麒麟屋では
【ささみ月見】

【赤センマイの味噌漬け】

【ゲタカルビのトロロ焼き】

【牛寿司】

【レバトロ】

ささみ月見

ささみ月見

レバトロ

レバトロ

などなど

色んな創作系の
焼肉メニューが並びます。

 

旅先で出会った
料理からヒントを
もらって
アレンジしたり

 

焼肉の本から
丸パクリして
アレンジしたり
(;^ω^)

 

最近多いのが
【寺門ジモンさんの番組】
などを参考にさせて
もらったりしてます。

 

ここで何故
創業者でもない
二代目のバカボンが
こんなに攻められるのか。。
そんなお話を(エピソード?)
を紹介してみますね。

 

かれこれ20年くらい前
板前の修業から
帰ってきたばかりの頃は

修業時代のハードさから
いきなり実家で
暮らすようになった時に
反動で

 

もの凄く
堕落した
時期がありました。

 

本当にバカボンでした。

 

仕事は
それなりに忙しい
お店でしたから

まだまだ両親が
中心で
バリバリ働いていたので

 

私が出る幕もなく

 

本当に
両親のスネを
かじりまくっていたんですね。
(仕事には毎日出てましたよ)

(;’∀’)

 

頑固親父を
絵にかいたような
父親でしたので

 

昔ながらを
ずっと
守り続けていました。

 

私の出る幕は
まったくない状態でしたので

同じようような事の
繰り返しの毎日で

少々
うんざりも
していました。。

 

そんなある日
父の同級生の方

の紹介で
ある病院の
院長先生を
連れて来てくれました。

かなりのグルメな方で、

 

予算はいくらでも
良いから
とにかく美味しいのを

 

とのご所望で

一人8000円の
料理をとのことで。。

そんな高額予算を
受けたことのない時。。

これは
チャンスと
思った私は

 

なんとかしようって
両親を説得して
任せてもらうようにしました。

その時は
和食の仕事を
取り入れたい一心で

 

初めて
【牛の握り】
お出ししたのです。

牛の握り

牛の握り

 

そしたら
その先生が気に入ってくださり

月に数回、
ゴルフの後やら、
東京から偉い人を
接待したりで
利用して

くださるように

なってきて。。

 

 

その先生は
財界や政界にも
顔が利く方で
国会議員さんや
県会議員さん
警察のお偉いさん。。

 

本当に色んな方を

連れて来てくれました

同じ内容では

面白くないから、
あの手

この手で

喜んでもらえるように

 

毎回必死で
試行錯誤していきました

 

中には
どう考えても失敗だったな
という時も何回もありましたが。。

 

 

その度に
気にせんでよか!
お兄ちゃんのは

なんでもうまか!
と受け入れてくれました。

 

お陰で
色んなメニューを
ぶつけては
失敗を繰り返しながらも

 

先生が喜んでくださるから

 

自信が出てきて、
仕事も楽しくなり。。

 

本当に
その先生との
出会いがなければ
今の

創作系の焼肉、
美味しいお肉の

探求は
できていなかったと
思います。

 

ちょうど

本日

12月5日は
先生の
命日にあたります。。

 

そして
今週末には

 

その先生の
病院の
恒例の忘年会の
予約が入っています。

 

先生が亡くなられても、
今のところは
毎年麒麟屋で
忘年会をしてくれます。

 

総勢40数名の忘年会。
いまだに

一年で一番の大人数で。。

 

金額も気にせず、
相変わらずの
『お兄ちゃんのお任せで!』
って言ってもらえてるようで

 

また来年も
麒麟屋を
選んでもらえるように

 

常連さんに
なればなるほど
初見の

気持ちで接すべし

『初見の方には
常連さんのような
親しみを持って』

 

基本ですねwww

 

本当に
先生のご縁を
現院長先生が
引き継いでくださり
本当に
感謝しかありません。

 

いつも通りではありますが
全力で
おもてなしを
させていただこうと
思っています。

そして

 

今年も去年は
お出ししてなかった
何かを組み込んで、

先生に喜んでもらえるように

 

少しは
去年より
良くなったところを
先生に見てもらわないとね

( *´艸`)

 

 

20年前と
変わらぬ気持ちで
ぶつかろうと思ってます。

 

長年

この地で
商売させてもらえてるのは
色んな方の
支えがあってこそです
ありがとうございます。

 

麒麟屋のテーマ

麒麟屋のテーマ

 

今回は

真面目に書きすぎましたww

 

長文を

最後まで

読んでくださり

ありがとうございました(^^)